​場

line.png
心をひらく.png
L1060424_edited.jpg

とても、気持ちの良い場所です。

比叡山麓から流れいずる高野川の水を、

細い水路に廻らせた集落の、路地に在る古い京町家。

耳を澄ませば、鈴のようにさらさらと、

波音のおとないが聴こえてきます。

春はあけぼの。まだ肌寒い早朝に霞む、紫だちたる雲の棚引き。

夏は夜。蛍の玉響のひかり。

秋は夕暮れ、見事な八瀬の紅葉に照り映える日入り。

冬はつとめて。衣笠の比叡を仰ぎ見て。

ここには、まだ静かに四季を感じ、

余情に浸ることのできる空間が残っています。

きものは、古来薬草で染められた「着る薬」でした。

糸を紬ぎ、椿で紫を染める。米で茜を染める。灰で藍を建てる。

染織は、土地の水と植生が育んだ、慎ましやかな営みの先にあります。

連綿と受け継がれた布は時を越え、叡智を湛えて、

大切な人を包み、未来を生きる子供たちへ

物語を紡いでいきます。

この場を、京きもの蓮佳の物創りの他、

植物染古法に倣い、きものとは何かを研究する旅路の出発点として、

遥かなるきものの道と、それを伝えてくれた上代の人々の手技に

静かに対峙できる空間として、

きものの視点で編んだ日本の文化工藝を発信する場に

育てていきたいと思っています。

お出ましを願うには便の悪いところですが、

風を感じ、せせらぎに耳を傾け、リトリートするように

​ゆっくりした時間を過ごして頂けますと幸いです。